電子契約に必要な脱ハンコ

押印がなくても契約は成立するとの方向性を示し、民間企業や官民の取引の契約書において押印は必ずしも必要はないのではないかとしました。


ハンコを押す、という行動自体が日本の文化となりつつありました。今回政府の見解によるとメールの本文や送受信履歴、契約の当事者を本人確認できる身分証明書を保存することが押印の代わりになり、契約が成立したと証明されるのではないかとのことです。

ハンコを押し忘れた場合にはわざわざ出社をしなければなりません。そんな中、この指針が出たため非常に重要なものとして受け止められているようです。


今回の指針により、不動産業界にもハンコでの契約が通常であったため影響が起こってくるでしょう。たとえば押印がない契約書では不安だという声が上がるかもしれません。しかし今となっては住宅賃貸業においても、オンラインを使って内見を行う時代となりました。今後も脱ハンコの風潮は加速していくのは間違いないのではないでしょうか。


重要な説明事項のない駐車場契約においては、押印のいらないオンライン契約で全く問題ない」と考えており、月極駐車場ではオンライン契約を積極的に進めてきました。利用者からは「来店することなく契約出来るから便利、スマホからすぐ契約できるという点で時代に合っていると思うなどのお声を頂いております。そのため非常に選ばれやすい月極駐車場となっております。


当社では最適な駐車場運営できる様にサポートを行わせて頂くと共にITを融合したオンラインシステム会社をご紹介させていただきます。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示