相続問題

最終更新: 2月6日

駐車場の相続に関するお悩み相談が近年増えております。

相続したのは良いが、そもそも運営の仕方が分からない、利用者が全然いない、メンテナンス費用がかさむ、だいぶ傷んでおり修繕費が高い、面倒なので売却したい、など内容は様々です。


中でも多いのがやはり費用面に関することでしょう。機械式駐車場の場合、例えば消化設備などは設置から25年での交換が法律で義務づけられていますが、これには1000万円近い金額がかかるケースもあります。また、操作盤の交換にも数百万円単位の費用がかかります。これらの費用を利用者からの賃料だけで賄えるよう計画立てて運営をしていらっしゃるオーナー様は意外と少ないです。というのも機械の場合、やはり突発的なトラブルなどの可能性が付きまとうため、見えない出費というのがどうしてもかかってきます。


ましてや今まで駐車場の運営をしたこともなく相続したオーナー様には、そのような収支計画を立てることは極めて困難といえるでしょう。


これは弊社にご相談いただいたオーナー様からの声なのですが、町の不動産会社様なども機械式駐車場の運営などは専門ではないため、ほとんど相談にはのっていただけないケースが多いそうです。また、専門的な知識が必要になることに加え、不動産会社様の取り分となる仲介手数料などは、駐車場に比べお部屋の賃貸や売買を成約した際の方が当然高額となるため、できれば駐車場には手を出したくないというのが本音のようです。


弊社では駐車場のあらゆるお困りごとを積極的に解決させていただきます。

自ら機械式駐車場を購入し、分解した上で機械の設計を把握、再生メンテナンスを施し売却、更には売却後の管理運営までを自社ノウハウとして溜め込んでいます。そのため、オーナー様にあった最適なプランをご提案できる自信がございます。

駐車場を相続したオーナー様、ぜひとも弊社にご相談ください。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 

TEL:03‐5413‐8476 平日10:00~18:00

  • Facebook
  • Twitter

©2020 by 有限会社グランツ