駐車場にかかる課税・非課税

運営条件により課税になるか非課税か変わってきます。

まず不動産に関わる税金問題について取り上げてみましょう。たとえば貸地の場合は基本的に「非課税」扱いになります。ただ状況によって課税になる可能性があるため、注意が必要になってきます。ここでは税理士さんによって異なる部分もありますが、貸地の課税・非課税について述べさせていただきます。


貸地は基本的に


一般的に土地の受渡しや貸付けについては課税対象にはならないとされています。「土地」という言葉には「土地の上に存する権利」も含まれております。これは地役権、地上権、永小作権、土地の賃借権などの土地の使用収益に関する権利のことを示しています。こういった権利の譲渡や貸付に関しても基本的には非課税のくくりになってきます。

また、土地を施設の利用に伴って貸し出す場合も基本的に非課税です。例えば、土地を会社の事務所として貸し出す場合を見てみましょう。土地を貸し出してたあと、アスファルト舗装もすべて相手側の負担で行った場合はどうでしょうか。これは、「単なる土地の貸し出し」という扱いを受けて非課税になります。


課税となる場合次に課税扱いになる場合は、どのようなときなのでしょう。

それは駐車場としての運営を始める場合や貸付期間が1ヶ月に満たない場合です。ここで気づいた方はいらっしゃると思いますが、ご自身の土地で月極駐車場として貸し出す場合は、課税扱いになってしまうということです。

さて先ほど非課税の対象として土地を会社の事務所として貸し出す例をあげたと思います。このときアスファルト舗装を土地保有者での負担となった場合、課税の対象となることがあるので気を付けましょう。


土地を貸し出す場合でも、場面によって税金のかかり方が異なってきます。くれぐれも誤った判断をしないよう注意が必要です。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示