駐車場経営のよくあるトラブル5選

初期投資0円で土地を活用することができる「駐車場経営」ですが、経営におけるトラブルもつきものです。

今回は、駐車場経営のよくあるトラブル5選とそれぞれの対策方法を紹介します。

➀料金トラブル 駐車場経営で最も多いトラブルは料金に関するトラブルです。

月極駐車場では料金を支払期日までに支払わない 駐車場経営でも賃料滞納の料金トラブルは発生します。 滞納に関する事件は比較的発生しやすいトラブルです。 契約時に保証人を求めない場合が多く、賃料が少額なこともあり契約者側も滞納しているという認識が薄くなりがちです。

コインパーキングでの料金看板の表示がわかりにくい 細かく時間を区切って料金が設定されていたり、車室ごとに料金が異なっていたりなど料金体系が複雑であると利用者からの問い合わせも多くなります。

解決策

・賃料を一括で前払いにする

・保証人を求める

・わかりやすい料金表示にする


②不正駐車 不正駐車によるトラブルとは一体何でしょうか?

・車以外のものを置く

・長期間駐車してそのまま車両を放置


月極駐車場もコインパーキングも基本的に無人経営なので、不正な駐車が起こりやすいです。またこのトラブルは、ほかの利用者にも迷惑をかけるのでクレームに結び付く可能性あります。 放置されている車の駐車料金の支払いや車両の撤去費用を全額負担することがありますが、個人経営の場合ほとんど泣き寝入りとなってしまうことが多いです。

解決策 まず、この類のトラブルを個人間で解決することはおすすめしません。 トラブルが長引きやすく、より大きな問題に発展しかねないからです。

  • 定期的な巡回と防犯カメラの設置

  • 契約書に注意書きをする

  • 空きスペースをなくす

不正駐車する者を特定するにも防犯カメラ等が必要です。 また「不正駐車は通報します」などの看板を設置して対策をしましょう。 空きスペースには自動販売機を設置するなど有効活用するのがおすすめです。 もし、不正利用が発生した場合は個人間で解決しようとせず警察や専門業者に対応を依頼しましょう。

③事故によるトラブル 駐車場のような狭い環境で事故はつきものです。 事故の結果、機器や設備の破損、故障となれば意図的・意図的ではないにしろ運営に支障をきたすこともあります。

なかには意図的な事故もあります。ロック板やゲートバーを壊して無理やり出庫し、機器が破損したりすることもあります。 故障となれば、その期間通常の運営ができません。 事故トラブルは費用が発生したり、その後のやりとりに非常に労力を使うので、事前にしっかりと対策をしておきましょう。

解決策 一番は事故が起こりにくいようなレイアウトにすることです。 事前に確認することで駐車場内での事故トラブルのリスクは軽減できるでしょう。

④クレーム たまに周辺住民から苦情が発生する事があります。

  • 看板の照明が明るすぎる

  • 排気ガスの匂い

  • 音に関すること

不特定多数の方が使うコインパーキングの方が月極駐車場より、クレームの数は多くなる傾向にあります。 匂いや音など住宅街にある駐車場では周辺住民の方への配慮も欠かせません。

解決策 対応次第では更なるクレームへと発展しかねません。そのため丁寧に対応し安心安全な駐車場を目指しましょう!


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示