駐車場経営における欠点

①税金の負担額が多い

駐車場経営の最大のデメリットは、税制上の優遇がないことです。マンション経営やアパート経営に比べたときに、税金の負担が大きくなってしまいます。賃貸住宅経営での土地は「住宅用地」という扱いになり、固定資産税や都市計画税の優遇措置を受けることができます。しかし、駐車場経営では優遇なしの満額が課税されてしまうのです

もちろん税金分は経費として差し引かれるので所得税負担は減りますが、その分利益は出しにくくなってしまいます。また相続が発生したとき、アパートなどの居住用賃貸物件であれば、「小規模宅地等の特例」が受けられ、相続税が大幅に圧縮される場合がありますが駐車場経営ではその対象外です。


②土地の利用効率が低い

経営上のデメリットとしては、土地の利用効率が低いことです。 平面駐車場では、土地を1フロア分でしか活用できません。そのためアパートやマンションに比べると収益はかなり少なくなります。なぜなら賃貸住宅経営のように5階建てや10階建てと同じ土地でも大きく活用できないからです。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示