駐車場経営における利点と欠点

【メリット】

駐車場経営の利点1:手軽に始めることができる

月極駐車場は土地活用の中でも最もリスクが低いと言われています。しっかりした土地さえあれば、ロープなどを使って車の区切りを作るだけですぐに始められます。また、アスファルト舗装などの工事をした場合でも数十万円〜数百万円と、比較的安価な金額で始めることができます。

さらに、月極駐車場の契約者は長期間利用される方が多いため、いったん駐車場が埋まると長く安定した経営が可能です。

月極駐車場の契約形態は民法上の「一時使用」の契約であり、借地借家法の適用外になります。そのため、ある程度の期間を設けて利用者に事前に通知することで解約することができるので月極駐車場を簡単に辞めることができます。


駐車場経営の利点2:転用性が高い

土地活用を検討する中で「転用性の高さ」は、非常に重要な要素となってきます。転用性を心配してなかなか土地を活用することに踏み出せない方もいらっしゃいますが、月極駐車場において転用性の心配はございません。


【デメリット】

駐車場経営の欠点1:募集の手間

募集では、知り合いや地域の不動産管理会社に募集をお任せしている方も多いと思います。しかし、駐車場の募集力は業者によって大きく異なります。

そのため、どこの管理会社に駐車場の募集を依頼するかによって経営に大きく関わってきます。インターネット化が進む現代では、インターネットを駆使した募集が非常に有効です。利用者側も月極駐車場を探すときにはまずインターネットで検索をする方が増えてきています。インターネットでの募集サービスを上手く利用することも、経営を成功させるための秘訣です。


駐車場経営の欠点2:管理の手間

月極駐車場は基本的に1スペースごとにそれぞれの利用者と契約を締結します。そのため契約件数が多くなると、滞納されるリスクも増加します。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示