駐車場経営とは

土地有効活用の一つとして駐車場経営があります。駐車場の経営は、初期投資が少なくても始めることができて、経営も安定しやすいという利点があります。


土地を利用せずに放置すると、固定資産税がかかってくるためとてもお金がかかる資産となります。しかし、土地は有効活用することでとても価値のある資産になります。ここからは「土地活用」について話していきます。


駐車場経営は、土地を所有する方がまず考えるべきことのひとつです。土地活用を始めたいが借金もしたくないと思っている方、固定資産税の負担が大きいと思っている方などに向いています。初期投資が少ないので大きな利益を得ることができませんが、リスクは少なく安定した収益が見込めるという点で簡単に始めやすい方法と言えます。



駐車場経営

駐車場経営には「月極駐車場」と「時間貸し駐車場」の運営があります。

今回は「月極駐車場」について説明していきます。

初期投資のひとつに土地の舗装があります。しかし月極駐車場の場合、アスファルト舗装が必要ない場合があります。駐車場の敷地は砂利敷のままで、区画のラインもロープなどで対応することができます。

さらに月極駐車場を利用する人は固定化されていくため、顧客の素性を把握しやすいという特徴があります。リスクとして考えられる放置車両などに対しても、時間貸し駐車場より対処しやすくなります。


注意するべき点

駐車場経営は「簡単に始めることができる土地活用」であるためあまり考えずに気軽に始めてしまった結果、ほとんど儲からなかったり損失が出たりするあります。

放置車両の対処などのトラブルには、警察や弁護士への相談や行政とのやり取りなどかなり専門的な知識が要求されます。そのため全てを一人で対応するのは難しいでしょう。月極駐車場経営を成功させるためには、自分に合う経営方法を上手に使い分けることが重要です。


駐車場経営の経営方法

月極駐車場には、3つの経営方法があります。

1つ目は、顧客の募集から賃料の回収まで、全ての業務を自分自身で行う方法です。

2つ目は、顧客の募集などの業務だけでなくトラブル対応まで、全て業者に手数料を払って委託する「管理委託方式」です。

3つ目はオーナー様に賃料として毎月定額が支払われる「一括借上方式」です。駐車場の空きに関わらず、稼働状況で収入が変化するリスクがありません。


本業がある方や、初めて駐車場経営をする方は、3つ目の「一括借上方式」がお勧めです。ある程度の台数が見込まれる場所であることが条件ですが、一切の手間がかからず固定賃料が収入として入ってくるので3つ目を選択される方は多いです。





0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示