駐車場の附置義務

「駐車場の附置義務」とは各自治体が条例によって定めるもので、一定の規模以上の建築物を建てるときに、一定の台数を設けることが義務づけられている駐車場のことです。

例えば駐車場需要の高い商業エリアで商業施設を建設する場合には、100台以上の駐車場を確保しなさいというようなものです。


この制度は、日本の高度経済成長にともなって自動車保有台数が増加して、歩行者が安心して歩くためや道路交通を円滑にするために制定されました。


駐車場の措置義務によって、駐車場の設置台数は増えてきています。しかし現在、自動車の保有台数は減り続けているのです。そのため今の時代では「駐車場の附置義務」が必要なくなっている可能性があるのです。


駐車場の措置義務はもともと駐車場不足による問題を解決するために制定されましたが、今では駐車場が過剰なことがわかります。

実際に東京都内では交通インフラが起こり、駐車場に空きが出てきています。

自治体もこの問題を認識しており、条例改正が行われています。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示