駐車場のトラブル回避方法

駐車場に関するトラブルは様々です。

駐車場経営を行っていると、多かれ少なかれ、トラブルに遭遇することがあります。

国土交通省が実施した「平成25年度マンション総合調査」によると、マンション内で発生するトラブルのトップが違法駐車になっています。違法駐車のほかにも、ゴミの放置・不法投棄、騒音、使用料の滞納、車両の損傷など、さまざまなトラブルが発生しています。こうしたトラブルが多くなると、駐車場に悪い評判が広まってしまい、収益に影響を及ぼしかねません。事実、そのようなお声をオーナー様からいただくことがございます。


《トラブルを未然に防ぐための対策》

トラブルは、事前に十分な対策を取ることで回避できます。また、トラブルが起きても、被害を最小限に抑えることが可能です。

以下に、トラブル発生を未然に防ぐための対策をご紹介します。


《書面、データ上での対策》

まず、駐車場自体の話に向かう前に、検討しておきたいことがあります。

それは、契約書などに、違法駐車や滞納などのトラブルが発覚した場合は契約を解除できる旨を規定しておくことです。また、車両の損傷についても、オーナー側が責任を負わない旨の規定を設けることで、トラブルを避けることができます。

さらに、滞納などのトラブルを防ぐには、駐車場利用希望者の信用調査を強化することも有効です。

《駐車場、その周辺での対策》

一方、駐車場では、緑石やフェンス、コーンなどを設置することで、違法駐車をしづらくすることができます。

また、注意を促す看板や張り紙(駐車禁止、アイドリング禁止など)を用意することや、監視カメラや夜間照明を設置することも有効です。加えて、人による定期的な巡回も検討したいところです。

そして、夜間や朝方に利用される可能性を考慮し、騒音などのトラブルに発展しないように、近隣住民への挨拶や説明を欠かさず行い、普段から良好な関係を築いておくことも重要です。


けれども、不動産オーナー様だけでは対応に限界が…

駐車場のトラブル対策には、決然たる態度で対応することが重要となりますが、不動産オーナー様だけで対応するのは現実的ではありません。肉体的な負担に加え、トラブルに発展した場合、暴力事件や犯罪など、危険を伴う可能性があるからです。このため、オーナー様の中には、付き合いのある不動産管理会社様にご相談される方もいらっしゃいます。

弊社は駐車場を専門にやっていることもあり、その管理会社様からもトラブル対策についてのご相談を多数いただきます。


ぜひ、お気軽にご連絡ください。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示