駐車場のトラブル

月極駐車場

借り主が見つかれば、毎月の収入が入ってきて経営は順調に進んでいくでしょう。しかし月極駐車場ならではのトラブルもあります。

➀駐車料金の未納

駐車料金の回収はどのように行えば良いでしょうか。 小規模の駐車場では、自分の口座に振り込んでもらうような方式をとったり、近隣の不動産業者に委託していることが多いでしょう。

では月極料金の滞納が続く場合はどうしたらいいでしょう。まずは管理を委託する業者から催促してもらいます。電話や自宅訪問など方法はさまざまですがそれでも連絡がつかない場合は、未払い分に対しての請求を内容証明郵便で送りましょう。

このとき借り主の車が駐車場にあっても、勝手に動かしてはいけません。中には最初から不法投棄するつもりで車を置いていくような人もいるようですが、それでも正式に訴えるまでは我慢しましょう。勝手に車を動かしたりすると、逆にこちら側が訴えられてしまう危険性があります。

内容証明に対する返事がない場合は裁判所に対して以下の訴えをすることができます。

  • 損害賠償請求

  • 車の撤去請求

時間も手間もかかりますが、駐車場の1つを使えないままにしておくのは無駄です。訴えたりしないだろうと、甘く考えている借り主もいます。ここは毅然と対応しましょう。

②駐車に私物を放置

経営する駐車場の管理を十分に行えないと、さまざまなトラブルが起こることがあります。久しぶりに行ってみると駐車場に段ボールがおかれていた、ということはよくあるのです。

車を止めるスペースを貸しているので、車以外の私物が置かれた場合はただちに撤去してもらいます。このようなトラブルにならないよう、契約書にしっかりと駐車以外の目的で使用禁止と買いておくことをおすすめします。

③車同士のトラブル

駐車場内で車を傷つけられた場合、借り主から訴えられる場合もあります。そうならないためには、契約書に特別な事由たとえば駐車場の塀が崩れて車を傷つけられたなどがない限り、車の傷に対する責任は負うことができないと記しておきましょう。

故意に車に傷をつける犯罪などもあるので、できるだけ防犯カメラを設置することをおすすめします。防犯カメラがあると使う側も安心することができるので、無駄な投資にはならないでしょう。


コインパーキングの場合

コインパーキングでは業者にすべて委託している場合が多く、業者側が解決してくれます。

➀設備を壊して料金未払いで逃走

出口にバーがあるだけの造りですと、強引にバーを壊す人がいます。映像などの記録があれば警察に器物破損で訴えることが可能ですが、相手を特定することができないと泣き寝入りするしかあるません。これも防犯カメラでの対策が、一番効果がでるでしょう。

③放置車両

コインパーキングで一ヶ月以上も駐車する人は、なかなかいません。もし放置車両と疑われるものがあれば、まずは警察に盗難車の問い合わせをしてみましょう。もし盗難車だった場合は、警察が対応してくれます。

犯人が捕まれば長期間の駐車料金を請求することができますが、捕まらないと残念ですが料金の回収は諦めないといけません。

盗難車でない場合は、車の所有者にまず内容証明郵便を送ります。時間はかかりますが、裁判になってもきちんと未納分は回収しましょう。

④サブリース契約の失敗

コインパーキングの業者の中には、サブリース契約を持ちかけてくるところもあります。借り手がいなくても最低限これだけは支払いますと、補償金額を決めて契約するのがサブリースです。

いくら空きが多くても、毎月一定の金額が入るからと安心していてはいけません。業者によっては契約から数年後、大幅に補償金額を下げてくることがあるのです。

実際に利益があっても、空きが多くて利益がでないなどと言い訳をしてかなり保証金を下げくるので注意が必要です。


まとめ

駐車場のトラブルを避けるには、やはりこまめに出向いて現状を見ておくことが大事です。一度ゴミが散らかると次々とゴミが捨てられるようになるので、できるだけ掃除をしてきれいな駐車場にしておきましょう。

深夜のエンジンの空ぶかしなども近隣住民にとっては迷惑行為です。看板などに注意事項をしっかりと書き込んでおきましょう。

料金の未払いに対しては、何ヶ月も未納だと契約解除と決めて、毅然とした態度で借り主に接するべきです。駐車場は有効に利用できるようにしていきたいものです



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 

TEL:03‐5413‐8476 平日10:00~18:00

  • Facebook
  • Twitter

©2020 by 有限会社グランツ