駐車場のタイプ

土地の広さや周辺環境を考慮した上で、どのような駐車場が適しているのかを検討する必要があります。

「立体駐車場」

運転者が自走して駐車する「自走式立体駐車場」と、車を昇降装置に乗せて駐車スペースに移動する「機械式立体駐車場」があります。 建物の階数を増やすことで収容台数を増やすことができ、経営効率を高めることができるという利点があります。一方で初期投資額も大きくなります。


「平面駐車場」 初期コストも低く抑えられ、維持管理コスト(維持管理)も抑えられるので時間貸し駐車場に適しています。一方で、土地面積により収容台数が決まるため、効率面では低くなります。


「月極駐車場」

駐車枠ごとに賃貸借契約を結び、1カ月毎の賃料を受け取る駐車場です。 多くのオーナーは手数料を払って借り手の募集から契約まで不動産会社にまかせています。 借り手がつけば安定した収入が入ってきますが、空き枠が増えると経営が厳しくなるという紙一重です。


「日貸し駐車場」

利用時間に関係なく1日あたりの料金を設定する運営方法です。 駐車場の少ないオフィス街など、滞在時間の長い地域に見られる駐車場です。 コインパーキングと組み合わせて運営するケースもあります。


「コインパーキング」

いわゆる時間貸し駐車場です。 あらかじめ提示した料金が、その時間が経過する毎に加算される駐車場の運営方法です。 狭い土地やいびつな形をした土地でも、自動の車止めと無人精算機を設置した平面駐車場にすることで、駐車場経営を検討することが可能です。 最近では月極駐車場と組み合わせて運営することがあります。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示