相続税を50%節税

駐車場の相続税が高いと思われている方がいらっしゃるかと思います。

相続税を節税するために小規模宅地の特例というものがあります。この特例が適用されると、相続税を大幅に削減することが可能なのです。もしかしたらあなたの駐車場もあてはまるかもしれません。


「小規模宅地の特例」が適用される駐車場

駐車場の上に構築物がある駐車場は、小規模宅地等の特例を適用することが可能です。

構築物として分かりやすく言うと、アスファルトの駐車場なら特例が適用されます。逆に砂利の駐車場だと適用されず、単にトラロープで区画を区切っただけの駐車場や車輪止めだけを設置してある駐車場などは適用不可となります。


50%の減税

貸付事業用宅地等に当てはまると言う理由で駐車場の税金は50%減税されます。貸付事業用宅地等とは駐車場のように誰かに貸して事業(不動産貸付業、駐車場業、自転車駐車場業)を行っている宅地のことを言います。

貸付している駐車場の面積が200㎡を超える部分は、小規模宅地等の特例が適用できないため減額ができませんが200㎡以内の部分に関しては適用されるのです。


駐車場を相続させたい方や相続する予定のある方は、ぜひこの制度をうまく活用いただければと思います。また、土地をそのまま相続させようとしている方も、一度駐車場にしてから相続すれば、当てはまる可能性もございます。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 

TEL:03‐5413‐8476 平日10:00~18:00

  • Facebook
  • Twitter

©2020 by 有限会社グランツ