月極駐車場を運営する時に抑えておきたいポイント

月極駐車場を新しくはじめる場合に知っておきたいことはいくつかあります。ただ、これから紹介するたった2つのことだけ押さえておけば大丈夫なのです!


投資が比較的少なく始められるビジネスとして駐車場を運営したいという相談が増えてきました。家や土地の相続、機械式駐車場購入など理由は人によって異なります。


月極駐車場運営での成功の鍵は初期投資の金額と収益シュミレーションの作成です。


「初期投資額」

駐車場経営において最も大きな出費となってくるものは舗装費用です。すでに整地されている土地であれば、舗装費用を考える必要はありませんが、野放しにしていた土地やもともとあった建物を取り壊して駐車場を開設する場合などは、舗装することが必要となります。当然ですが敷地が広いほど支出額がかさんでしまうのです。ここの費用をいかに抑えるかが1つめのポイントとなってきます。


たとえば舗装を「アスファルト」か「砂利」で行うかという問題があります。コストを抑えたいのであれば「砂利」を選ぶべきですが、コストだけを考えて選ぶのが正しい選択なのでしょうか。なぜなら今までの事例を見てみると、アスファルトの駐車場の方が埋まりやすいということがあるからです。さらに砂利での舗装となると賃料も低くなってしまうという傾向があります。


しかし初期投資額にお金をかけるのは難しいという場合もあると思います。そこで重要となるのが2つ目のポイントです。


「収益シュミレーションの作成」

収益計画を立てることが、駐車場経営を成功に導いてくれます。

収益計画とは初期投資にかかった金額をどの程度で回収できるのか、何年目から黒字が出るのかを数字にして出してみることです。どの事業でも当てはまりますが、収益計画を考えない人は経営が成功はほとんどないでしょう。

先ほど例として出した舗装に関して「アスファルト」か「砂利」のどちらにするかについての話で考えてみましょう。たとえアスファルトを選んで初期投資の金額が膨らんだとしても、確実に回収できる算段があるのであればあなたはおそらく舗装にアスファルトを選びませんか。


収益のシュミレーション表を作成すると、お金の流れがより鮮明に見えてくるはずです。もちろんご相談をいただければ、必ずこの収益計画を作らせていただきます。そうでないと本当に良いご提案ができないからです。

時と場合に応じてこちらで初期費用を負担することもあり、オーナー様にご負担をお願いする場合でも駐車場経営のサポートはかならずさせていただいております。

駐車場の新規オープンでお困りでしたらぜひ一度ご相談ください。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 

TEL:03‐5413‐8476 平日10:00~18:00

  • Facebook
  • Twitter

©2020 by 有限会社グランツ