月極駐車場とコインパーキング

駐車場経営には月極駐車場経営とコインパーキング経営2つの種類があります。一体どちらが儲かるのでしょうか。


それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。


月極駐車場

月極駐車場とは、駐車場利用者がひと月単位で契約することをいいます。主に住宅地や飲食店等の店舗近くで必要とされており、収容台数や契約の台数によって収入が決まります。

月極駐車場は契約者がいれば安定して収入を得られるという点メリットに対して、空室がある場合は収入が大きく減ってしまうとリスクがあります。 また、料金には土地ごとに相場があるため相場に見合った料金設定が必要となるでしょう。


メリット

 契約者がいれば安定した収入が得られる

デメリット

 空室のリスクがある



コインパーキング

不特定多数の人を対象に、利用した時間の分だけ料金を支払う駐車場をコインパーキングまたは時間貸し駐車場と言います。 駅前やオフィス街、大型商業施設の近くなどの幅広い場所で必要とされています。

コインパーキングにも土地ごとに料金の相場がありますが、コインパーキングでは「最大料金」や「夜間料金」などで周辺のコインパーキングと差別化をすることが可能です。そのため、料金設定次第ではかなり稼ぐことができます。


メリット

 料金設定次第でかなり儲かる

デメリット

 継続的に市場調査をする必要がある


立地により状況は変わりますが、一般的には月極駐車場経営よりコインパーキング経営の方が儲かると言われています。ただ、それぞれ立地によって向き不向きがあるので所有する土地がどちらの経営に向いているのかを考えることが大切です。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 

TEL:03‐5413‐8476 平日10:00~18:00

  • Facebook
  • Twitter

©2020 by 有限会社グランツ