シェアカー事業

車のシェアサービスはよく見かけられるようになりました。ある企業では実験的にバイクのシェアなども行われています。

そんな中、MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)というシェアリングサービスを統合したものがでてきています。


・MaaSとは

電車やバスなど交通手段を乗り継いで移動するルートは検索可能となりました。しかし、予約や運賃の支払いはまとめてとることはできません。 MasSとは手元のスマートフォンで「検索・予約・支払」を行うことができるサービスです。利便性を高めるだけでなく、移動を効率化することで交通渋滞などの問題を解決してくれるのではないかと期待しています。

MaaSを実現させるためには、鉄道やバスの運行情報や道路状況など交通に関する膨大なデータを収集して整備することが必要になります。


・MaaSがもたらすメリット

MaaSが実現することで、私たちの生活はより自由になることが予想されます。天候などの理由で普段とは別の経路で通勤する場合、すぐに別のルートを探し出すことができます。たとえば毎月定額で電車やタクシー等が乗り放題になるサービスを導入すれば、いつもと異なる交通手段を利用することになっても交通費の精算は不要となります。

天気が良い日にはあえて徒歩やバイクシェアをするなど、場面に応じた交通手段を選択できるようになることが期待されます。

また、MaaSによって膨大なデータが蓄積するので個人の好みに合わせたサービスを提供することが可能になります。さらにはバスの停留所を効率的になるように再配置したり、鉄道の路線を見直すことで運営が効率化することもできるかもしれません。

このようにMaaSが実現されることでさまざまなメリットがあります。

SDGsという国連サミットで決められた2030年までの目標の一つに「持続可能な都市」というものがあり、女性・子ども・障害者・高齢者等を含むすべての人々に安全で持続可能かつ容易に利用できる輸送システムや緑地・公共スペース等へのアクセスを提供することが定められています。


今回紹介したMasSは、SDGsでの目標を達成するために必要なサービスの一つとしても注目されます。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示