カーシェアリングの現状

最終更新: 2月6日

今回は「カーシェアリング」の情報をお伝えしたいと思います。

「シェアリングエコノミー」の中では「民泊」とならんで知名度のある「カーシェアリング」ですが、日本国内においては、当初なかなか市場が拡大せず各社苦戦をしていました。しかし認知が進み、利便性が高まるにつれ利用者は爆発的に増えていきます。

各社が用意しているカーシェアリング用の車を個人が使うというBtoCがメインですが、今では営業車を保有していた法人がカーシェアリングに切り替えたり、個人が所有している車を貸し出すCtoC型のカーシェアリングも増えてきています。このCtoC型のカーシェアリングを活かし、車を消費財としてではなく、お金を生む資産として投資をしている方も多いようです。

『その他』

・空車を気にせず、安定的な駐車場収益を実現するサブリース

・今話題の月極駐車場検索サイトで効率的な集客を実現する

・壊れたままの機械式駐車場を眠らせている、修繕費用が高額

・面倒な月極駐車場の契約管理をアウトソーシングする

・駐車場の、売りたい買いたい


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示